Home / Series / 花子とアン / Aired Order / Season 1 / Episode 156

曲り角の先に

終戦後、筆を折ったままだった宇田川(山田真歩)から『赤毛のアン』を読んで、また書けそうな気がする、と初めてお礼を言われた花子(吉高由里子)は、宇田川が立ち直ってくれたことを心から喜ぶ。英治(鈴木亮平)、かよ(黒木華)、醍醐(高梨臨)、蓮子(仲間由紀恵)ら花子の家族や友人たちは、めいめいの場所で大切な人と『赤毛のアン』を読み、自分と重なる部分に共感していた。やがて出版を祝う会が催されることになり…。

English 日本語 español
  • Originally Aired September 27, 2014
  • Runtime 15 minutes
  • Network NHK
  • Notes Is the series finale
  • Modified July 3, 2022